掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
 
「皮膚科の病気」目次へ


  手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に、周囲に赤みがある膿疱(白いプツプツ)
 が多発し、やがて融合して大きくなります。
  慢性に経過し、ときに増悪します。

  みずむし(足白癬)と症状が似ていますが、治療法は正反対となりますので、
 真菌の検査が重要です。

  原因としては、慢性扁桃炎などの病巣感染説や、虫歯などの金属アレルギー
 説が言われていますが、扁桃腺を手術で取っても、虫歯の金属を取り替えても、
 症状が変わらないケースも多く経験しています。

手掌の掌蹠膿疱症 足蹠の掌蹠膿疱症

◇ 治 療

  治療はステロイドの外用が主体となります。
  抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、消炎剤の内服も有効です。

  ステロイドの内服は著効を呈しますが、長期の連用は副作用が心配です。
  いずれにせよ、なかなか完治が難しい疾患です。