尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)
 
「皮ふ科の病気」目次へ
 

1)症 状

  境界明瞭な紅斑の上に、雲母(うんも)状の鱗屑(りんせつ・白いカサカサ)
 を有する、特徴的な疾患です。
  肘頭や膝蓋、被髪頭部は後発部位です。
  完治しにくい疾患で、軽快、増悪を繰り返しながら、慢性の経過をとります。

体幹に多発した乾癬 雲母状の鱗屑を有する

2)治 療

  治療はステロイドの外用が主体となります。
  最近ではビタミンD軟膏も使用されます。
  内服は抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤。

  ステロイドの内服は著効を呈しますが、長期の連用は副作用が心配です。
  ビタミンA誘導体の「チガソン」や、制ガン剤の「メソトレキセート」、免疫抑制剤の
 「サイクロスポリン」も有効ですが、副作用が多く使いにくい薬剤です。
  光線療法に力を入れている施設もあるようですが、再発を繰り返す難治性の皮
 膚病です。