たむし(体部白癬・頑癬 がんせん)

「皮膚科の病気」目次へ

顕微鏡で見た白癬菌

 「たむし」は「みずむし」と同じ白癬菌が原因です。
 境界明瞭な紅斑で、周辺は赤く堤防状に盛り上がり、中央は治癒傾向を示す特徴的な皮膚病です。
 股部のものは特に「いんきんたむし」と呼ばれています。

 必ず皮膚科で顕微鏡検査をして白癬菌を確認してから、抗真菌剤を外用します。
 勝手に湿疹の薬をつけたりすると症状は悪化し、下の写真のような巨大な「たむし」となってしまいます。

股部に発生した「いんきんたむし」 臀部の巨大な「たむし」
顔面の「たむし」 ネコ白癬菌の感染例