皮膚カンジダ症

「皮膚科の病気」目次へ


 カンジダ菌は白癬菌と同じカビの仲間です。
 カンジダ症は腋窩・乳房下・股部など、湿り気の多い部位に発生します。
 赤い紅斑と白い膿疱が特徴的です。

 赤ちゃんのオムツの部のカンジダ症は「乳児寄生菌性紅斑」と呼ばれています。
 主婦の指の間も水仕事で湿り気が多く、カンジダの好発部位です。

 必ず「かび」の顕微鏡検査をして、カンジダ菌を確認してから抗真菌剤を外用します。
 勝手にオムツかぶれの薬などを塗ると、症状は悪化します。

顕微鏡で見たカンジダ菌 オムツの部は好発部位
乳児寄生菌性紅斑 指間のカンジダ症