ブダペスト・ウィーン紀行(1) 03.12.28(日)
はじめに & ブダペスト到着

ホームページ  ブダペストの目次  次へ
 

◇行くぞ!ウィーン・ブダペスト

 最近は物騒なので海外旅行にも腰が引けていたんですが、03年〜04年にかけての正月休みは普通に休んでも8連休。
 それなら海外に行くしかないではありませんか。
 ということで、今回はブダペストとウィーンに行くことにしました。
 旅行の手配は、いつものように、HISに依頼しました。
 料金は交通費とホテル代を合わせて、371,200円でした。

 今回のテーマは、ブダペストでは后妃エリザベート。
 国立博物館にあるという彼女がルケーニに刺されたときに着ていた服が見たいし、彼女が愛したゲデレ(グドゥルー)の館にも遠征したい。

 他に、リスト、バルトーク、コダーイの記念館。
 しかし、月曜休館の施設が多く、予定を立てるのがが難しい。
 中でもコダーイ記念館は月・火が休み (-_-) 。
 それから産褥熱で有名なゼンメルワイス記念館。

 国立オペラ劇場は《オテロ》なんですが、ソールドアウトと言われてしまいました。
 「TICKET」の看板を持って並んでみますか?

 ウィーンのテーマはブラームスと彼の友人だった大外科医のビルロート。
 彼らの自宅、病院、記念碑。
 あと、ホームページ充実のため、いろいろお墓を回ってきたい。
 雪が無いことを祈るばかりです。
 ウィーンではミュージカル《エリザベート》とフォルクスオパー & シュターツオパーで《こうもり》を見る予定です。

28日(日)    名古屋発 10:55  フランクフルト15:10 到着
       フランクフルト発 16:55    ブダペスト18:25 到着

フランクフルトからブダペストへ ブダペスト空港の両替所


 本格的なハンガリー旅行は初めてで、円をフォリントに両替できるのだろうか? タクシーに乗ったら暗いところへ連れて行かれるのではないだろうか? 地下鉄で強盗に襲われたらどうしよう、など不安がいっぱいの旅立ちです。
 フランクフルトからブダペスト行きの飛行機に乗るときは、本当に怖かったです。

 空港では心配した両替も無事に済み、HISに手配してもらった運転手さんの自動車で、アストテル・ホテルに到着したのは7時過ぎでした。

 突然運転手さんが「ケンイチローコバヤシ」を知っているか?」と聴いてきまして (@o@)、「コバケンさんがハンガリーで人気」というのは本当なんだな、と思いました。
 
出迎えのおじさんと車 ホテルの部屋

ホームページ  ブダペストの目次  次へ