バッハ街道の旅 2000年5月2日(火)〜9日(火)
はじめに

ホームページへ  次のページへ
 

 フランクフルトからライプツィッヒまでの道は、東西ドイツ統一後『ゲーテ街道』として人気を集めている。
 しかしこの道はルターの道でもあり、クラナッハ、バッハ、メンデルスゾーン、シューマンなど、多くの芸術家の道でもある。
 今年は『没後250年のバッハ・イヤー』ということで、J・S バッハを中心に以下の旅をしてきたので、レポートしたい。

 ルフトハンザとホテルは、いつものようにHISに依頼した。
 『ウィーン・ミレニアム紀行』を書いているうちに出遅れてしまい (^_^;、ゴールデンウィーク途中からの出発となった。
 飛行機チケットは 212.000 円。
 ホテル料金は、ライプツィッヒ・ノボテルが 16.000 円、ドレスデン・メルキュールネヴァが 10.000 円、フランクフルト・モノポールが 20.000 円であった。
 トータルで 263.550 円。

 オペラのチケットは日本からFAXで依頼した。
 ライプツィッヒからはすぐにOKの返事が、ヘッセン州立劇場からは数日後に実物のチケットが送られてきた (@o@) 。
 ゼンパーオパーからは『予約は受けられない』という返事があり、フランクフルト歌劇場からは返事がなかった。

 為替レートは、1ドイツマルクが50円くらいだったが、これで間違っていないだろうか?
 以前は1マルクが70円くらいだった記憶があるんだが‥‥。


 2(火)名古屋(10:15) → フランクフルト(15:20) → ライプツィッヒ(17:20)

    ライプツィッヒ/ドライリンデン劇場 《エヴィータ》

 3(水)ライプツィッヒ(9:20) → ドレスデン(10:15)  ドレスデン泊

    ◇ドレスデン
     ゼンパーオパー(ガイドツアー)
     ツヴィンガー宮殿(アルテ・マイスター絵画館)
     アルベルティーヌム(ノイエ・マイスター絵画館)
     ワグナー博物館(ローエングリンの家)
      ウェーバー博物館   ウェーバーの墓
     ゼンパーオパー 《仮面舞踏会》

 4(木)ドレスデン → ツヴィッカウ → ライプツィッヒ  ライプツィッヒ泊

    ◇ツヴィッカウ(シューマン生誕の地)
      シューマン博物館(生家)   夢見るシューマン像

    ◇ライプツィッヒ(バッハ終焉の地)
      トーマス教会  バッハ博物館
      メンデルスゾーンの死んだ家
      ゲヴァントハウス  アウアーバッハス・ケラー
      ライプツィッヒ歌劇場 《ディミトリ》

 5(金)ライプツィッヒ → ケーテン → ハレ → ライプツィッヒ泊

    ◇ケーテン(バッハゆかりの地)
      ケーテン城  郷土博物館  ナウマン博物館

    ◇ハレ(ヘンデル生誕の地)
      ヘンデル像  ヘンデル博物館(生家)

    ◇ライプツィッヒ
      ニコライ教会
      トーマス教会     J=S・バッハ 『モテット』
      ライプツィッヒ歌劇場 《カルメン》

 6(土)ライプツィッヒ → ワイマール → フランクフルト
      → ヴィースバーデン → フランクフルト泊

    ◇ワイマール(ゲーテ・シラー・バッハ・リスト)
     大公家の墓所(ゲーテとシラーの墓)
     リストの家  ゲーテの家  クラナッハの家
     バッハ・ゲーテゆかりの城館  国民劇場(ゲーテ・シラーの像)

    ◇ヴィースバーデン
      ブラームス交響曲第3番の家
      ヘッセン州立劇場 《さまよえるオランダ人》

 7(日)フランクフルト → アイゼナッハ → フランクフルト泊

    ◇アイゼナッハ(バッハ生誕の地)
      ワルトブルク城(タンホイザー・ルター・聖エリーザベト)
      聖ゲオルグ教会(ルターゆかりの教会・バッハの洗礼盤)
      バッハの家     ルターの家
      フランクフルト歌劇場 《さまよえるオランダ人》

 8日(月)フランクフルト(14:10) → 名古屋(8:25)
 

ホームページへ  次のページへ