エッセン&シュトゥットガルト・ミュージカル紀行
シュトゥットガルト 《ヴァンパイアのダンス》 2001年8月16日
 
前へ  旅行記の目次へ  ホームページへ
 
 
 ◇タンツ・デア・ヴァンピエラ(シュトゥットガルト)

 ↑《 Tanz Der Vampire 》の正確なドイツ語発音を、案内嬢(ヴァンパイアの衣装を着ている)から確認して参りました (^_^) 。

 当日券売り場で『安い席』と注文したら、『お金が無いのか?』と聞かれてしまいました (^_^ゞ。
 ロングランの平日なのに会場は満席に近い状態。
 今回見た《エリザベート》や《CATS》も満席でした。
 ドイツ人はよほどミュージカルが好きなのでしょうか。

    《ヴァンパイアのダンス》2001年8月16日(木)8:00PM
           シュトゥットガルト CIセントゥルム
 
      作曲:ジム・スタインマン  台本:ミヒャエル・クンツェ
            舞台監督:ロマン・ポランスキ

         Gaf von Krolock : RAYMOND SEPE
                Alfred : STEFAN POSLOVSKI
                Sarah : BARBARA KO:HLER
       Professor Abronsius : WERNER BAUER/ウィーンと一緒

 このミュージカルはウィーンで見たことがあります。
 ぼくは結構好きなんですが、第二幕の流れが少し悪いので、ストーリーにこだわる人には、引っかかりがあるかも。
 
 どうも、ヒロインのサラという女性がよく分からない。
 彼女がしたことはお風呂に入って、伯爵の館にダンスに行っただけ。
 第二幕で『やっと出てきた』と思ったら、すぐに噛まれて吸血鬼になってしまう。
 最後は健気なアルフレッド君まで噛まれてしまって、陰惨な印象もあるので、観劇後にすっきりしない人もあるでしょう。

 しかし、そんな不満を吹っ飛ばしてくれるのがスタインマンの音楽。
 ロックからバラードまで、ソロからコーラスまで、実に魅力的な曲ばかりです。
 吸血鬼役の RAYMOND SEPE はセカンドキャストですが、山口祐一郎ばりの美声とロングトーンを聴かせてくれて、満足満足 (^_^) 。

 階段がせり上がってシャンデリアが降りてきて、あっという間にヴァンパイアの館が出来上がる舞台装置は、ウィーンと一緒。
 『どうして《エリザベート》だけが、世界中で改竄されちゃうの!』と叫びたい思いです (^_^ゞ。
 

前へ  旅行記の目次へ  ホームページへ