エッセン&シュトゥットガルト・ミュージカル紀行(2)
エッセン 《エリザベート》(2) 2001年8月12日
 
《エリザベート》(1)へ  ホームページへ  シュトゥットガルト《CATS》へ
 
 
   《エリザベート》 コロセウム・テアター(エッセン)
     2001年8月12日(日)7:00OM
 
      エリザベート:アンニカ・ブルーンス
          トート:ウヴェ・クレーガー
   ルイジ・ルケーニ:カルステン・レッパー
   フランツ・ヨーゼフ:ミヒャエル・レーヴィス
    ゾフィー皇太后:ガブリエーレ・ラム
    ルドルフ皇太子:イェスパー・ティデン
 
 この日のトートはウヴェ・クレーガー。
 ウィーンオリジナルのトートですが、紺色の衣装のためか、意外に存在感がない。
 やはり白の衣装でなくてはね (^_^;。
 歌の迫力も、とても山口祐一郎には及びません。

 しかし、ウヴェにはヴィースバーデンの《サンセット大通り》ウィーンの《モーツアルト!》と逃げられていただけに、彼を初めて見ることが出来た喜びは大きい (^_^) 。
 アーノルド・シュワルツェネッガーに似ているような気がしました (^_^;。

 エリザベート役は、代役キャストのアンニカ・ブルーンス。
 ファーストキャストはウィーンオリジナルのピア・ドウヴェスだったので、彼女を見ることが出来なかったのは全く残念ですが、写真で見る限りアンニカの方が美人度が高い (^_^) 。
 この人自身に不満はありませんでした。

 演出(エディ・ハッベーマ)は、ウィーンスタイルの部分も東宝スタイルの部分もありました。
 『我々か彼女か』の部分など、チェス盤に馬を腰に付けた全くのウィーンスタイルで、これはいかにも唐突でした。
 音楽的に盛り上がったのは『私は私だけのもの』と『影は長くなる』。

 エッセン公演では、『Wenn Ich Tanzen Will ・ 私が踊ろうとするとき』という、エリザベートとトートのデュエットがありました。
 エッセン公演のために作られた曲だそうで、人気のナンバーになっています。
 意味は分かりませんが‥‥ (^_^; 。

 さて、コルフ島の場面ではアキレウス像が出てきましたが、アキレイオン莊はこの時点(1888年11月15日)には、まだ出来ておりません。
 アキレイオン莊が完成したのは1891年10月。

 『東宝並みにいい加減な時代考証だな』と思って見ていたら、そこにルドルフが現れるじゃありませんか (@o@) !
 この時点で僕はプッツンと切れてしまいました。
 『コルフ島にルドルフが来るわけがないだろう! これじゃ東宝以下じゃないか!』なんてね。

 それからはエッセンの舞台を見ていても、思い出すのはウィーンの舞台ばかり。
 『鏡の魔術』とも言うべき『僕があなたの鏡だったら』、すれ違い夫婦の悲しさを単純な装置で見事に表現した『夜のボート』。
 絶頂期の天才演出家ハリー・クプファーと普通の演出家エディ・ハッベーマの才能の違いを、いやと言うほど思い知らされました(個人的な感想)。

 ラストシーンは、死の接吻でエリザベートは息絶え、トートに抱きあげられます。
 そしてトートはエリザベートを抱いたまま舞台奥に進むんですが、最後の瞬間に客席にふり向きます。
 その時、エリザベートの手がダラリと落ちて、これはなかなか印象的なアイディアでした。

 ということで、ぼくはこのエッセンの舞台に大変失望しました。
 というか、クプファーの舞台の呪縛から逃れることが出来ない自分を認識いたしました (^_^;。
 僕は世界中どこで《エリザベート》が上演されても、もう行きません。
 ウィーンでクプファーの舞台が再演される以外はね。

 カーテンコールはスタンディングオベージョンだったことは書いておきましょう。

 コロセウム劇場では、華やかなオープニングナイトのビデオが売られておりました。
 ウヴェ・クレーガーやピアのインタビューや、もちろん歌。
 場面場面の映像もあり、ピア・ドウヴェスの「私は私だけのもの」や、「影は長くなる」も、部分的にですが収録されています。
 劇場やロビーの風景も懐かしいし、エッセンに行かれた方には、こちらのビデオは絶対のお薦め (^_^) 。
 

《エリザベート》(1)へ  ホームページへ  シュトゥットガルト《CATS》へ